● トップ
  ────────────────────
 ● 事業内容
  ・創薬・化粧品・機能性食品開発用
   リード・シード探索援助
  ・化学工業品のプロセス開発
  ・
OMICS技術を用いた機能性成分開発
  ───────────────────────
 ● 製品内容
 
 ・微生物ライブラリー
  ・
カビ・きのこ抽出物ExMyco
  ・きのこ菌株 (StrKinoco
  ・
きのこ粉末 (PowKinoco
  ───────────────────────
 ● 会社案内
  ・CEOメッセージ
  ・企業情報

  ───────────────────────
 ● リンク
  ───────────────────────
 ● メールお問い合わせ
           


Contents

info@hyphagenesis.co.jp
TEL:042-860-6258
FAX:042-860-6259
194-0041
東京都町田市玉川学園6丁目2-37

(株)ハイファジェネシス

会社案内

CEOメッセージ

21世紀は生物学の時代と言われて久しいが、遺伝情報とその周辺技術が突出している割には、実産業への影響がまだ明確には見えておりません。2010年10月名古屋にて開催された生物多様性条約(CBD)、第10回締約国会議(COP10)のニュースが連日メディアを賑わしたなか、本来は海外生物遺伝資源の利用促進へと向かわなければならないのに、現時点ではCBDが足かせになっている感があります。このような状況下で、わが国の産業界において微生物そのものを利用した研究・開発が衰退しつつあるのは、応用微生物学がわが国のお家芸であるだけに由々しきことであります。

そこで、2005年に設立された株式会社ハイファジェネシスは、下記のミッションとイメージを基に、微生物利用を促進すべく萌芽研究ならびに実際の企業化を遂行中であります。すなわち、わが国の自然環境から取得した新規微生物菌株(糸状菌、野生きのこ)を2万株以上保有し、そのエキスを産業利用に役立てております。ここから医薬品のヒントとして臨床第1相に進んでいる事例、化学品の発酵法による生産工程改良特許、食用きのこのトランスクリプトミクス解析による品質管理改良のみならず、まったく新しい遺伝子配列の化粧品・健康食品への利用など今後の大いなる発展が期待されております。

ミッション・・・微生物資源を用いた製品や技術を開発し、医薬、食品、農業、工業その他のバイオ産業に貢献、海外の生物資源やその他の製品を紹介、または製品を扱う企業をサポートいたします。

イメージ・・・ハイファとは菌糸の意であり、菌糸のようにネットワークを伸ばし、ヒト、情報と事業を結びます。

Copyright(C) 2010-2012  HyphaGenesis Inc. All right reserved.

2010年10月
株式会社ハイファジェネシス
代表取締役・CEO
奥田 徹

Japanese / English

お問い合わせは

042-860-6258
info@hyphagenesis.co.jp
(株)ハイファジェネシス