● トップ
  ────────────────────
 ● 事業内容
  ・創薬・化粧品・機能性食品開発用
   
リード・シード探索援助
  ・化学工業品のプロセス開発
  ・
OMICS技術を用いた機能性成分開発
  ───────────────────────
 ● 製品内容
 
 ・微生物ライブラリー
  ・
カビ・きのこ抽出物 (ExMyco
  ・きのこ菌株 (StrKinoco
  ・
きのこ粉末PowKinoco
  ───────────────────────
 ● 会社案内
  ・CEOメッセージ
  ・企業情報

  ───────────────────────
 ● リンク
  ───────────────────────
 ● メールお問い合わせ
           

info@hyphagenesis.co.jp
TEL:042-860-6258
FAX:042-860-6259
194-0041
東京都町田市玉川学園6丁目2-37

(株)ハイファジェネシス

Contents

お問い合わせは

042-860-6258 info@hyphagenesis.co.jp
(株)ハイファジェネシス

事業内容

化学工業品のプロセス開発

 石油化学産業は、われわれに様々な製品を提供し、生活を豊かにしてきました。その一方、再生不能な資源にたよることによる資源の枯渇の問題、炭酸ガス放出による地球温暖化の様な問題を抱えています。その対策として、現在の化学産業は、その資源を再生可能な穀物、砂糖、植物バイオマスに転換しようとしています。そのような状況下、バイオ燃料やバイオプラスチックなどの開発に限らず、化学工業品の製法においても、石油化学依存からの脱却の手段として、今微生物発酵プロセスの可能性が注目されています。バルクケミカル・ファインケミカルの製法として、世界中でバイオプロセスの開発が盛んに進められています。

 当部門においては、これまで、微生物による有機酸、糖、ビタミン、カロチノイドなどの化合物の微生物生産プロセスの開発を行ってきました。その成果の一つとして、L-酒石酸の製造プロセスを実験室レベルで確立することが出来たので、現在生産に向けた検討を行っています。さらには、ソフトバイオマスに含まれるリグニンのきのこによる分解プロセスの開発をすすめており、現在実用化に向けた検討を開始しました。

 これらの目的のために、有用微生物の探索、突然変異法や遺伝子工学を応用した菌株改良、ジャーを用いたプロセスの最適化に関する豊富な知識・技術を活用しています。これらのノウハウや技術は、自社プロセス開発のみではなく、社外からの受託事業にも活用されています。

Copyright(C) 2010-2012  HyphaGenesis Inc. All right reserved.

Japanese / English